FC2ブログ

日々美々

CATEGORY PAGE

category: ★旅  1/53

☆5泊6日+3週間の大阪帰省の旅*アサヒビール大山崎山荘美術館

連日報道されるコロナウィルスのニュースに、少々嫌気がさしてきた私もちろん現実を把握することは必要な事だけど、暗い気分になってしまうそんな中、ついに美術館まで臨時休館する所が出てきてしかもその1つが、つい先日訪れたばかりの所だったので驚きました閑静な住宅街の中にある、この美術館アサヒビール大山崎山荘美術館京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3京都と大阪の境にある、天王山の中腹に位置するこの美術館JR京...

  •  0
  •  0

☆5泊6日+3週間の大阪帰省の旅*隈研吾+長場雄+ドーナツの最強トリオ「Koe dounats」

さて、京都例のウィルスのお陰で、京都もなんだかちょっと静か欧米人は相変わらず多かったですが、中国人は少なめだった気がします京都を観光するなら、今がチャンスなんて、ちょっと不謹慎なことを言ってしまいましたがそれだけ昨今の中国人の多さには、うんざりしてた訳で・・・という事で、京都でぜひ行きたかったカフェのご紹介koé donuts京都市中京区新京極四条上ル中之町557 京都松竹第3ビル 1Fファッションブランド「koe」...

  •  0
  •  0

☆5泊6日+3週間の大阪帰省の旅*フツウニフルウツ 土佐堀パーラー

表参道のベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」恵比寿のフルーツサンドショップ「フツウニフルウツ」いつ行っても行列が絶えない、人気のお店その3号店が大阪に出来たと聞いて、行ってきましたフツウニフルウツ土佐堀パーラー大阪市西区土佐堀1-1-30 b.NAKANOSHIMA場所は、国立国際美術館からとても近く土佐堀川を挟んだ、南側にあります1階にテイクアウト用の店舗2階がカフェです入り口を入ってすぐはカウンター席テーブル...

  •  0
  •  0

☆5泊6日+3週間の大阪帰省の旅*レトロ建築「大阪市中央公会堂」

大阪中之島周辺は、レトロ建築の宝庫日本銀行大阪支店を始め、大阪府立中之島図書館や大阪市中央公会堂北浜レトロビルヂングなどなど水辺と言うロケーションとも相まって、とても雰囲気の良い場所になっています中でも赤いレンガ造りの中央公会堂は、大阪市のシンボル的存在大阪市中央公会堂大阪府北区中之島1丁目1-27東京駅駅舎や日本銀行本店を手がけた、辰野金吾らによる設計で大正2年(1913年)に着工、大正7年(1918年)に竣...

  •  0
  •  0

☆5泊6日+3週間の大阪帰省の旅*国立国際美術館

この美術館もずっと行きたかった所大阪市北区中之島にある『国立国際美術館』国立国際美術館大阪市北区中之島4-2-55 大阪市立科学館に隣接する敷地にあって、美術館としての機能を果たす主要部分を全て地下に収めたユニークな建物で、設計者は建築家シーザー・ペリあのあべのハルカスも手掛けた人元々は、大阪府吹田市の万博記念公園にあったのが、2004年に現在地へ移転船の帆か、鳥の羽かそんなイメージが沸く、金属フレームが上...

  •  0
  •  0

☆5泊6日+3週間の大阪帰省の旅*古くて新しい、中崎町

大阪には、「長屋」というものがまだまだたくさん残る地域があります長屋とは、棟の細長い平面の建物を区切って,複数の世帯で住み分ける住居形態の事私の実家がある区にも、長屋がたくさん残っています大きなビル群が広がる大都会の、少し奥まった所に行くと、その長屋が立ち並ぶといったまるでタイムスリップしたような風景を観ることが出来ますその風景を色濃く残すのが梅田から1駅、歩いて5,6分の所にある『中崎町』第二次世界...

  •  0
  •  0

☆5泊6日+3週間の大阪帰省の旅*大丸心斎橋、蘇るヴォーリズ建築

昨年、大阪の大丸心斎橋店、86年ぶりに建て替えられた、というニュースを観て大阪に行ったら、絶対に観に行こうと決めていた私1月の2度目の帰省で、カメラ片手に行ってきました大丸(大丸松坂屋百貨店)心斎橋店本館大丸は、1726年に心斎橋で呉服屋を開業し、それ以来302年間にわたりこの地で営業先代の本館建物はウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の名建築としても知られ86年間にわたって心斎橋の顔にもなっていましたウィリア...

  •  0
  •  0