FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆初秋の箱根さんぽ*箱根彫刻の森美術館

ポーラ美術館からバスで約20分(350円)、箱根彫刻の森美術館にやってきました
昔1度来たことがあった筈なのですが、あまりにも記憶が薄らいでいて・・・
いつだったかなあ(笑)

sayomaru28-63.jpg

箱根彫刻の森美術館
神奈川県箱根町ニノ平1121
https://hakone-oam.or.jp/

sayomaru28-90.jpg

箱根彫刻の森美術館は、1969年(昭和44年)にオープンした
箱根の山々が望める7万㎡の緑豊かな庭園に、約120点の野外彫刻が展示されている美術館です
設立50周年というから、歴史のある美術館ですね

新宮晋《命の輝き》という噴水がある車寄せを通り入口へ
チケットを見せて、エスカレーターで降りていくと

sayomaru28-91.jpg

マルチェロ・マスケリーニ《翼を持ったキメーラ》

sayomaru28-138.jpg
sayomaru28-93.jpg

トンネルから先に進んでいくと、雄大な風景が目に飛び込んできます
左側にあるのが
カール・ミレス《人とペガサス》
右側にあるのが
エミール=アントワーヌ・プールデル《弓を持つヘラクレス》
どちらもギリシャ神話によるもの

sayomaru28-92.jpg

こちらは
岡本太郎《樹人》


この作品のすぐ後ろにあったのが、アートホール・ンズール―ム
アートホールは、『よりみち美術館』と題して、彫刻をクイズ形式で紹介している美術館です

https://hakone-oam.or.jp/exhibitions/article.cgi?id=886847

これがなかなか面白く、大人も楽しめるので、ぜひ入ってみましょう

sayomaru28-94.jpg

よりみち美術館を出たところ
フランソワ=ザビエ、クロード・ラランヌ《嘆きの天使》があります
この作品も、どこかしらでよく目にしますね
こんなに真っ白な作品なのに、綺麗に維持ているのが凄い

sayomaru28-95.jpg

子供さんが喜ぶ作品
ピーター・ピアース《しゃぼん玉のお城》
ステンレス・スティールの透明なカプセルをいくつも繋げた作品

sayomaru28-96.jpg
sayomaru28-97.jpg
sayomaru28-98.jpg

1600x740x960cmのかなり大きな作品で、中に入って遊ぶことができます
もちろん子供限定

sayomaru28-99.jpg

アリシア・ペナルパ《ハコネ》
何故ハコネなのでしょうか。箱根の山を模しているのでしょうか

sayomaru28-100.jpg

池やつり橋のある場所に出てきました

sayomaru28-101.jpg

池にはたくさんの錦鯉が。餌もちゃんと売っていました

sayomaru28-102.jpg

つり橋の右側にあるのが
新谷琇紀《アルバ》
まるでヨガのポーズ。美しい

sayomaru28-139.jpg

下に降り、池の中にあった作品
マルタ・バン《浮かぶ彫刻》


sayomaru28-103.jpg

カール・ミレス《太陽の輝き》
海のトリトンを彷彿させるなww

sayomaru28-104.jpg

広い展広場に出て、最初にあるのが

sayomaru28-106.jpg

井上武吉の《マイ スカイ ホール》
ステンレススチール製の直径2.8m、重量1tの球体の作品
「マイ・スカイ・ホール」はシリーズ化されているそうで、その内の1つ

sayomaru28-107.jpg
sayomaru28-1407.jpg

4本の柱に、ワイヤーでバランスよく吊り上げられています
どうやってバランスをとっているのでしょう。面白い

sayomaru28-105.jpg

写真左から
ナウム・ガボ《球型のテーマ》
オッシプ・ザツキン《住まい》
アギュスタン・カルデナス《休息する女》
フランシスコ・ズニガ,《海辺の人々》

新宮晋《終わりのない対話》


右から2番目の作品は、不明

sayomaru28-108.jpg
sayomaru28-109.jpg

伊本淳《断絶》
白骨化、或いは腐敗化した人間どもの集合体
この裏側が凄いので、是非観てください

sayomaru28-110.jpg

伊藤隆道《16本の回転する曲がった棒》
アルナルド・ポモドーロ《球体を持った球体》

スターウォーズっぽい

sayomaru28-111.jpg

後藤良二《交叉する空間構造》
炭素原子を人体に置き換えて、ダイヤモンドの分子構造を表現
実際のダイヤモンドの分子構造の模型があれば、比較出来て面白いんだけれど・・・

sayomaru28-112.jpg

巨大な目玉焼きのベンチ

sayomaru28-113.jpg

なかなかフォトジェニックww

sayomaru28-114.jpg

少し高い場所にある目玉焼きのベンチからの風景

手前
バリー・フラナガン《ボクシングをする2匹のうさぎ》
高村光太郎《みちのく》

詩人でもある高村光太郎の作品は、同じものが、十和田湖畔にありますね

sayomaru28-115.jpg

ニキ・ド・サン・ファール《ミス・ブラック・パワー》
確かに力強そうww

sayomaru28-116.jpg

ミス・ブラック・パワーの横に、うつ伏せで寝転んでいるのが
アントニー・ゴームリー《密着》
まさにタイトル通りです

sayomaru28-117.jpg

今回一番楽しみだった場所に到着
ガブリエル・ロワール《幸せをよぶシンフォニー彫刻》
レリーフ 井本淳《よろこび》

sayomaru28-118.jpg
sayomaru28-120.jpg

高さ18mの、美しいステンドグラスが張り巡らされた塔

sayomaru28-119.jpg
sayomaru28-121.jpg

真ん中の螺旋階段をくるくると登っていくと

sayomaru28-122.jpg

美術館全体と、箱根の山々が見渡せます

sayomaru28-123.jpg
sayomaru28-124.jpg

高所恐怖症の人は、この下りが怖いと言っていました

sayomaru28-141.jpg

頑張って、気を付けて登ってくださいね

sayomaru28-128.jpg

この塔の近くに足湯がありました
もちろん源泉掛け流し
さすが箱根ですね

sayomaru28-126.jpg
sayomaru28-127.jpg

歩き疲れた足を休めるのにちょうど良いですね



この後もとても長くなるので、次回にご紹介します

to be continued・・・


箱根 箱根さんぽ アート鑑賞 現代アート 美術館 箱根彫刻の森美術館 彫刻
ヘンリームーア 足湯 幸せをよぶシンフォニー彫刻



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
 
スポンサーサイト



箱根 箱根さんぽ アート鑑賞 現代アート 美術館 箱根彫刻の森美術館 彫刻 ヘンリームーア 足湯 幸せをよぶシンフォニー彫刻

0 Comments

Leave a comment