FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆『オープンしなけん』で、品川区の建築巡り*茶室「有時庵」

オープンしなけんの建築巡り、最後は(早くもww)

sayomaru28-507.jpg

茶室「有時庵」
東京都品川区北品川4丁目7−35

sayomaru28-506.jpg
sayomaru28-517.jpg

この茶室は、御殿山トラストシティの「御殿山庭園」の中にあります
この庭園には、何度か来たことがありましたが、茶室がある事は知りませんでした

sayomaru28-516.jpg

庭園には池や滝があり、紅葉も大分多く見られ、とても落ち着いていて
暖かい日は、ベンチに座ってのんびりするのにとても適した場所です

sayomaru28-508.jpg

そして茶室は、公園の西側、少し高い位置にひっそりとあります

sayomaru28-510.jpg

日本を代表する建築家である磯崎新氏の設計により、1992年に建てられた作品です。
ステンレス で作られたにじり口、チタニウムパネルの壁、円形と四角形を組み合わせた外観といった斬新なデザイン
もちろん現在も使われていますが、外側からだと、とても茶室には見えませんね

sayomaru28-509.jpg
sayomaru28-511.jpg

斬新で現代的なデザインではあっても、囲い壁に千年屋久杉、炉の横の中柱に丹波椿
床柱に薬師寺古材の檜など、貴重な材料を多用していることでも注目されています

建物の左側から、中に入ることが出来ました

sayomaru28-512.jpg

写真左下の四角く切り取られたステンレス部分は、にじり口
壁の文字は「有時」

sayomaru28-518.jpg
sayomaru28-519.jpg

ここは待合室でしょうか

sayomaru28-521.jpg

障子天井が面白いですね

sayomaru28-514.jpg
sayomaru28-515.jpg

座敷には上がれないので体を乗り出して、写真を撮りました
床の間の壁は何で造られているのでしょうか

sayomaru28-520.jpg

円と四角、金属と自然素材
そんな相反する素材を使っていても、こんなに調和がとれている茶室
さすが磯崎氏
素晴らしいものを観ることが出来、感動しました

さて、オープンしなけんで観ることが出来た建築は、まだまだあったのですが
ここで時間切れ
一応観たいものは網羅したので、大満足
他の区でもこういう催しやってくれると良いなあ


オープンしなけん 有時庵 茶室 磯崎新 現代建築 建築巡り 御殿山トラストシティ 御殿山庭園 品川区


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 
スポンサーサイト



オープンしなけん 有時庵 茶室 磯崎新 現代建築 建築巡り 御殿山トラストシティ 御殿山庭園 品川区

0 Comments

Leave a comment