FC2ブログ

日々美々

ARTICLE PAGE

☆5泊6日+3週間の大阪帰省の旅*大丸心斎橋、蘇るヴォーリズ建築

昨年、大阪の大丸心斎橋店、86年ぶりに建て替えられた、というニュースを観て
大阪に行ったら、絶対に観に行こうと決めていた私
1月の2度目の帰省で、カメラ片手に行ってきました

sayomaru29-5.jpg

大丸(大丸松坂屋百貨店)心斎橋店本館

大丸は、1726年に心斎橋で呉服屋を開業し、それ以来302年間にわたりこの地で営業
先代の本館建物はウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の名建築としても知られ
86年間にわたって心斎橋の顔にもなっていました

sayomaru29-9.jpg

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏とは
アメリカ合衆国に生まれの、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家で
有名なところでは、山の上ホテルや同志社大学の建物、近江八幡の教会などの施設などが挙げられます
それらは、総称してヴォーリズ建築と呼ばれています

sayomaru29-11.jpg
sayomaru29-10.jpg

新本館は、そのヴォーリズ建築の内外装を、可能な限り復元するとともに
今後100年使用できる商業ビルとしての空間づくりを目指したのだそうです

まず目を引いたのが、御堂筋に面した建物外観
旧本館と瓜二つ、新築に見えないほど、見事に復元されています

sayomaru29-31.jpg

ちょっとわかりにくい写真ですが
旧本館屋上にあった「水晶塔」は7階にそっくりそのまま復元されています

sayomaru29-6a.jpg
sayomaru29-12.jpg
sayomaru29-13.jpg
sayomaru29-15.jpg
sayomaru29-14.jpg

御堂筋側のエントランスは、本当に美しい
まさに芸術作品

sayomaru29-16.jpg

イソップ童話のステンドグラス

sayomaru29-20.jpg

同じ1階の心斎橋筋側の玄関ホールには、星形の時計が埋め込まれたステンドグラス

sayomaru29-17.jpg

内装は、1階のコスメフロアがヴォーリズの名建築をもっとも色濃く保存・再現されています

sayomaru29-18.jpg
sayomaru29-19.jpg

フレスコ画の天井

sayomaru29-21.jpg
sayomaru29-32.jpg

ヴォーリズ建築を色濃く残した1階に対して
2階以上は、比較的シンプルで、広く開放的なイメージがありました

sayomaru29-22.jpg

1階から10階までのエスカレーター部分には、伝統と最新技術を融合させたシンボル「D-WALL」を設置

sayomaru29-33.jpg

とてもモダンに感じたのですが、これもヴォーリズ建築の伝統に由来する
彫刻を格子状に組んだものなのだそうです

sayomaru29-23.jpg
sayomaru29-24.jpg
sayomaru29-28.jpg
sayomaru29-29.jpg

1月ならではの各階のディスプレーも素敵でした

sayomaru29-27.jpg
sayomaru29-34.jpg

7階までと8階以上で壁に段差を設け、その部分にテラスを設置
8階以上の外壁は、とても現代的なデザインですね

sayomaru29-35.jpg

B2階は“心斎橋フードホール”と名付けられた、フードコートがありました
地下鉄心斎橋駅直結で23時まで営業しているそうです

sayomaru29-7.jpg

そうそう忘れちゃいけない。この子も健在です
心斎橋筋側中央玄関上部にテラコッタの孔雀

sayomaru29-8.jpg

美しく、そして誇らしく生まれ変わった大丸心斎橋
大阪に行ったら、是非訪れてみて下さい



大丸心斎橋店 大阪 リニューアル デパート ウィリアムメレルヴォーリズ ヴォーリズ建築 建築巡り


にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします 

スポンサーサイト



大丸心斎橋店 大阪 リニューアル デパート ウィリアムメレルヴォーリズ ヴォーリズ建築 建築巡り

0 Comments

Leave a comment